尾道ガイド犬ドビン


ドビンブログ

Since June 26, 2004
   
お知らせ(テレビ出演など) ポチたまに出演しました 2008尾道鉄道展 初登場中国新聞 毎日新聞 山陽日日新聞写真展の会期を延長
ドビン写真集2009

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


しげぞーさんのドビン写真集
謹 告 : 山  中   仁

2010年7月3日午前五時半
ドビンちゃんが老衰のためご逝去いたしました。


二週間前より体調を崩し、一時はずいぶん回復致しましたが、
数日前より食事が摂れなくなり、
世話をされている方の不眠不休の介護にもかかわらず、息を引き取りました。

享年18歳。周りの人たちとささやかなお別れをして、
 4日午後ペット霊園にて荼毘にふされました。
 

ドビンは 三歳の頃、最初のご主人と別れました。

それでも毎日無人の実家で待ち続け 駅に通い続け、帰らぬ主人を待ち続けました。
不憫に思った尾道ガイドのおじさんに、自然に寄り添うようになり、街のガイドを覚え
気に入った観光客の目の前に立ち 街のガイドをするようになりました。

そして いつしか・・「ガイド犬」と呼ばれるようになりました。


波乱万丈の犬生で、

保険所に捕まったり、野良犬に襲われたり、街で捕獲か放し飼いか議論が沸騰したり

幾多の危機を 持ち前の賢さと強運にて乗り切ってきました。

かわいい子供が出来た時もありました。しかし野良犬の放し飼い自体が問題なのに
子供まで保護するのか。誰が面倒を見るのか。そんなケンケンガクガクの話もあり、
結局子供たちは処分されてしまいました。
しかしその後の犬生をたくましく生き続けました。

−−−

生きとし生ける者の定め。

亡くなった時の表情は本当に穏やかで、お昼寝しているかの様でした。

大勢の人に囲まれて今までの犬生を満足しているかの様でしたよ。

ドビンちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。(代筆:いしい)