音と映像で尾道散策

- 特集 -
尾道の味「東山」
尾道料理「青柳」
お薦めの宿「西山別館」
住吉花火祭り

どしどし書き込んで下さいね。

映画ロケマップ
尾道ラーメン食べ歩き
文学の小道コース

尾道を音と映像で紹介します。

尾道の楽しいサイトが満載!! アクセスしてみてね!







ライブカメラ設置秘話・・その1

+ + + ライブカメラ設置記録 + + +
2001年5月/7月/9月/10月/8年8月/10年6月/10月/11年1月/11年9/11年9

2001年5月23日

やっと届いた、雨よけ+断熱+フロントガラス仕様の屋外設置用ボックス。 写真からはわかりにくいですが、断熱材にアルミパネルを張ってカメラを保護。 電源を入れっぱなしで置くので、廃熱対策用に後ろ下に穴を置いてあります。 付属品のチルト台が少しチャチなので本格的な「カメラ雲台」を検討中。 カメラ運台は屋上のコンクリートの手すりに穴を空けて、アンカーボルトを打って、コーキングして固定します。 こちらの方も雨よけ対策が必要と思います。




2001年5月28日

この状態で、稼動させてみたら大問題発生!!
カメラの発熱で、カメラがハングアップしてしまいました。
「壊れたかな??」と心配していましたが、冷えると正常に動き始めたので、 CPUクーラーを2個、取り付けて排熱対策をすることに決定。 さっそく板金屋さんにお願いをしました。

加工が済み帰ってきました。





フードを取り付けて4時間のエージング・・・・ 全く問題なく、却って何もない状態より、よく冷えるようになりました。 ファンは後ろのスリットから風が入り、排気する方向で取り付けてみました。

次はいよいよ屋外に取り付けて「ルーター設定」して、放置して・・・

どうなるか楽しみです\(^-^)/


2001年5月15日

いよいよライブカメラも到着し、あとは雨よけフードを地元のステンレス加工屋さんにお願いしていまして、 フードが完成したら設置調整後、尾道の風景を24時間流し、 生の画像をインターネット上から見ることが出来るようになります。

写真は今回購入した「AXIS 2120 Network Camera」。 本体に、Linuxを搭載し、このカメラ単体でライブ中継を可能にします。




レンズはCマウントを採用していますので、レンズを外して天体望遠鏡に取り付ければ、 ライブ月面中継なんかも簡単に出来てしまいます。時々、月面のライブ中継をする予定です。

たちまち8月4日の「尾道住吉花火大会」には 花火のようすをライブ中継します。
同時アクセスは10人くらいは行けると思うのですが、 コレばかりは回線の状態にもより今のところやってみなければわかりません。




カメラの背面です。
右に10/100BASEのコネクター、左上は電源、左下はオートアイリスと言う、カメラの明るさを自動調整する機能です。

チルト回転台やインターネットでカメラを振り回す機能は今回は無理。 しかしながら、画質はかなり行けてます。
カメラ取り付け予定地の360度パノラマ画像がこちらに置いてあります。
※パソコンがMACの場合、相性が悪いかも知れません。




これは会社からのライブ画像のコピーです。 昨日からの雨で視界は悪いし、窓からカメラを向けていますので余りよい画像とは言えませんが、マァこんな写り具合だよと言う参考画像です。
近い将来ADSL(ブロードバンド)が私の家に来たら即、申し込みをして転送レートを上げて画質アップを目指します。

右は20cm反射望遠鏡。これで月面ライブ中継も考えています。


>>・・・次へ

 

| Movie Clip | Multimedia | Live Camera |

ホームに戻る