1月26日 2月24日 3月4日 3月8日 3月12日 3/13新聞掲載 3/16日 4/22日テレビ
●7月 9日 大和のホームページ 別に作りました(原寸大大和初公開画像)  
●6月 9日 戦艦大和ロケセットの公開日が決まりました  
●6月 6日 呉市の大和ミュージアムへ行ってきました  
●6月 2日 いよいよ最後の大爆発 、ライブカメラの画像を掲載します  

●5月26日 居酒屋「暁」に戦艦大和カクテル試作
  居酒屋「暁」を訪れたとき、戦艦大和のカクテルはあるの?と聞いたら
  監督さんとスタッフの皆さんが来店された際に、試作をしています。とのこと。
  さっそく味わってみました。青い海のイメージとスッキリした味わい。オリーブは
  46cm主砲を想像させる。

●4月22日 広島テレビで撮影風景が紹介をされました

緊急報告。
撮影開始を間近に控え、当局よりいったん画像掲載を控えるよう連絡が入りました。
マスコミ発表後は、より厳しく画像制限が付く可能性もあり、チト寂しいですが仕方ないですね。

4月13日 反町隆史さん中村獅童さん丸坊主!!
東映のホームページに 撮影現場のリアルタイムな乗船日記ホームページがオープン

尾道 織田画廊からのライブ画像 カメラはこちら

ライトアップクレーンを見るためのライブカメラを取り付けました。
尾道駅前の一等地にあり、東映映画「男たちのYAMATO」と言う
戦艦大和の建造からアメリカ軍の総攻撃で撃沈されるまでの生きざまを
画いた、日本映画至上 最後の戦争映画となります。

戦後60年。どんな映画が撮れるのか。期待。

1.織田画廊さんの屋上からの360度ビュー  

2.同じですがMOV画像()マウスでグリグリ遊べます

3.2005年1月26日。朝6時から夕方7時までの動画画像
  (9秒で13時間を表現しています。)

4.2005年1月28日 朝6時から夜9時゙59分までの動画画像。

2005年2月 1日 朝6時から夜9時59分までの動画画像

ここ、山陽路でも広島市や山間部は大雪。
さいわい尾道では積雪はありませんでしたが日中でも
氷点下の真冬日。早朝には国道で16台の玉突き事故で
道路は大停滞。

動画サイズは4.6メガバイトあります。

6.1月27日から2月4日までの動画GIF画像

7.2月5日から10日までの動画GIF画像

8.2月5日から16日までの動画GIF画像

9.26日午後角川春樹さんほか東映のスタッフが見学。


  戦艦大和建設現場を訪問されました


2005年1月26日 撮影現場の状態

鉄骨を組み立てたあと、ベニヤ板を張る。真ん中の赤い鉄骨は艦橋の建設工事らしい。

向島東側の山から見た絵。

海側が艦橋で左側が、舳先らしい。

いつものライトアップとはまるきり逆からの眺め。

各クレーンは、同じ方向にそろっているように見えるが まさにその通りで、
風にそよぐ柳のように 風向きによって角度を変えています。
もし固定していたら、強風の時、台座から曲がって倒壊してしまうわけで、
風が吹いて動く時には神秘的な音がします。ギギギギギッ・・と言う音にカラカラカラッと言う音が
混ざって響きます。
 


もし、ど〜しても撮影現場を間近で見たい人へ 秘密の場所をお教えします。

尾道郵便局の海岸から「尾道渡船」で向島へ渡ると 大林宣彦監督の映画「あした」に登場した「呼子ケ浜、待合所」があります

そこから海沿いを西に歩いていくと「秀山荘」と言う看板がありますので、つづら折れを山に登っていきます。

秀山荘についたら、そのまま小径をまっすぐつききると 映画「あした」のロケ地に出ます

ここから藪道を進んで行くと、そ〜ら見えてきた。

双眼鏡なんか持っていると、ひょっとして反町隆史や中村獅童あたりの熱演が見えるかも。

このスクロール画像は ここからの180度パノラマ画像